FC2ブログ

カフェ講座がありました

東京から講師の先生をお招きし、本格的なコーヒーの入れ方やアレンジコーヒー、紅茶、ココアなどの入れ方を学びました。この講座はキーコーヒー株式会社様のご支援のもと、1959年の開校以来60年以上続いている本校でも重要な特別講習会です。

DSC_0398.jpg

DSC_0380 (2)


シニアインストラクターの金井郁子先生による丁寧な指導のお陰で、生徒たちもおいしいコーヒーを入れることが出来ました。
朝から校舎全体がコーヒーのいい香りに包まれて、幸せです♪

DSC_0421.jpg

アレンジコーヒーでは、いろんな模様を描いて生徒たちも楽しそうでした。




天皇の料理番 秋山徳蔵先生復刻メニュー講習会

福井の偉人で“天皇の料理番”としても有名な秋山徳蔵先生が作られたレシピを現代に復刻し、これを学ぶ講習会が本校にて開催されました。
【主催:福井県、共催・メニュー監修:一般社団法人全日本司厨士協会 北陸地方福井県本部】
1580270843302.jpg


DSC_0264 (1)
本校・技術顧問の岡島周二先生も講師としてご指導いただきました。


DSC_0277.jpg

DSC_0278 (1)

DSC_0276.jpg

DSC_0275 (1)

DSC_0274 (1)





「塩」のプロフェッショナルに学ぶ

本校 調理師科2期生で塩ソムリエ、ソルトマイスター、シニアソルトコーディネーターなど 「塩」に関する多くの資格をお持ちの近藤伸夫先生より、「塩のプロになれば料理は更に美味しくなる」と題し、「塩」についての講義をしていただきました。

DSC_0331.jpg



塩の種類や、作り方、料理に合わせた塩の選び方など、「塩」についてたくさん学びました。宝石かと思うような岩塩や、大きな岩のような塩など、たくさんの種類の塩を見て、生徒たちも熱心に聞き、先生に質問をしていました。

DSC_0335.jpg

DSC_0346.jpg

DSC_0329.jpg


七草がゆ

あけましておめでとうございます。
本日より3学期も始まり、本校恒例の「七草がゆ」の授業が行われました。

この様子は地元マスコミ各社に取材して頂きました。
本日の夕方のニュースにて放送される予定です。また、ケーブルテレビでも1月10日より放送予定とのこと。地元紙でも明日の朝刊に掲載されるかと思いますので、ニュースも新聞もぜひご覧ください。
七草実習









ところで皆さんは「春の七草」、すべて言えますか??
(答えは写真の下)
DSC_0735_20200128155408990.jpg





春の七草は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の七つです。
すべて答えられましたか???

◎ 「七草がゆ」は奈良時代より続く風習で、五節句の一つである人日の日(1月7日)に春の七草をおかゆにして食べます。これにより年間の邪気を除き、万病を防ぐといわれます。あっさりとしたおかゆを食べて年末年始で疲れた胃を休め、今年一年、健康に過ごしましょう。

本年も天谷学園をどうぞ宜しくお願い致します。

今年も本場のイタリア料理講習会が開催されました!

本年度もイタリアより、「外国人のためのイタリア料理研修機関【Italian Culinary Institute for Foreigners (ICIF)】」のマルコ・アレッサンドロ・ボルセーロ先生、野沢寛夫先生にお越し頂き「イタリア料理講習会」を開催しました。

講習会ではふくいサーモンなどの福井県産食材を使ったイタリア料理を7品披露して頂きました。
本校で30年以上続くこの講習会では、本場のイタリア料理を学ぶため、毎年イタリアより講師を招聘しています。この講習会を受け、イタリアへ留学した卒業生も多数おり、昨年も二名の学生がICIFに留学しました。そのうちのひとり、八杉崚也くんが駆けつけてくれ、留学で学んだこと、在学中にやっておいた方がよいことなどを後輩にアドバイスしてくれました。

DSC_2584.jpg

マルコ・アレッサンドロ・ボルセーロ先生

DSC_2567.jpg
Antipasto「魚介類を添えたグリーンピースのクリーム仕立て」

DSC_2597.jpg
Primopiatto「エビ、ブッラータ(チーズ)、トマト、カルナローリ米のリゾット」

昨年イタリア(ICIF)へ留学した卒業生からも、後輩へのアドバイスをしていただきました。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育